日本画像学会(top)]  >>  [評議員会]  >>  [過去の評議員会(リスト)]  >> 2002年度
 [2001年度] << >> [2003年度

評議員会開催のお知らせ


                                 2003年2月17日

        日本画像学会評議員会、特別講演会開催のご案内

日本画像学会評議員 各位

                          日本画像学会会長 大野 信
 拝 啓
 
 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は日本画像学会の活動に御理解と御支援をお寄せ頂き大変有難うございます。
私、昨年5月より会長を務めさせていただいております東京工芸大学の大野 信でございます。私の会長としてのモットーは日本画像学会を世界一の画像学会とすることです。

 この度、平成14年度の日本画像学会評議員会を開催するに当たり、学会の近況と今後の活動におけるお願いを予めお知らせし、是非、評議員会にご出席頂いて忌憚のないご意見、ご助言を頂戴したくお願い致します。

 当学会は来年度で創立45周年を迎えます。その間に先ず電子写真学会としてエレクトロファックス及びゼログラフィーから始まり、PPC、OPC、NIPをキーワードとするハードコピーに関わるほぼ全ての分野を扱うようになり、1998年に更に画像技術を更に広く扱う趣旨から日本画像学会へと変わりました。そして最近は分野拡大の具体的な方向としてリライタブルハードコピー技術を切り口としたデジタルペーパーを取り上げ、中心的な議論が出来る枢軸学会として画像工学分野で認知され始めております。
 また当学会が扱うハードコピー技術は、極端な入れ替えが少ないことが特徴であり、現在でもトナーを媒体とする電子写真技術についても陳腐化することなく議論が続いております。

 このように当学会の活動分野は徐々に拡大する傾向にあり、その内容の充実とあいまって世界一の画像学会への道を確実に踏み出しております。そして討論の場の設定も、技術情報の提供も会員の満足が得られる方向に確実に進んでいます。然しながら会員の状況は、昨今の経済情勢及び企業活動の動静から正会員が漸減状況にあり、新分野に興味を持って当学会に接触を求めて来られる方々や、更に電子写真を生業とする方々の掘り起こしに努めております。
 
 会勢は以上の通りですが当学会の運営の要となる事務局については、この一両年大いに整備が進みました。一昨年秋に東京工芸大のご好意によって新築棟に約30平方メートルの事務所スペースを与えられました。また今春には事務局長を迎えることが出来ました。 当学会は電子写真学会創立当時から充分な事務局スペースがなく、スタッフについても充分ではありませんでした。そのために学会の運営はボランティアのアクティブメンバーに依存することが多く、いわば片肺飛行を続けて会員にご不便を強いて参りました。

 この結果、当学会は、永年に亘り会費を据え置いても出費が抑えられた見かけの健全財政を保って来られました。しかし学会の技術テリトリーの拡大、事務局整備等の新要因を加えて従来にも増した会員サービスを続けることによる出費増をまかなうために、来年度総会にて正会員費の値上げをお願いする方針が固まりました。 維持会員会費については、景気回復による企業経営の亢進が見込まれるまでお願いしない予定です。しかしながら正会員費の増加のみでは今後の活動の活発化に対応しかねます。 そこで現在まで暗黙の了解の下で維持会員会社所属の非会員全員に対して、学会の催し物時の参加費を正会員並としてきたことをルール通りに維持会員口数1口につき2名までと是正させていただくこととしたいと存じます。
 そこで今回の評議員会にてこの変更の趣旨を詳細にご説明すると共に、新たなるサービスなどについて御意見、御助言を頂きたく是非ご出席下さるようお願い申し上げます。

 尚当日の特別講演として、以下のように経済雑誌ジャーナリストによる元気の出るテーマの講演を予定しております。演者の雑誌では、「新技術で再び Japan as Number One」を年間の継続特集とされているとのことであり、我々の元気を取り戻せる講演となることを確信しております。
 
   特別講演 「素材革命が日本を救う技術立国再生への胎動」
     日経BP社日経ビジネス副編集長  寺山 正一 氏

 評議員会の具体的なスケジュール、会場などは別紙のご案内をご覧頂きたいと存じま す。多くの評議員の方々のご出席により、当学会の状況をご理解いただけますようお願い致します。                                      
                                   敬 具


                         記

●評議員会
・日時 2003年3月18日(火)午後3時30分から4時30分
・場所 東海大学校友会館(霞の間) 東京・霞が関ビル33階
・議案 2002年度事業報告,同財務報告
    2003年度事業計画,同財務計画
  その他

● 特別講演会
・場所:東海大学校友会館(霞の間)
・時間:午後4時30分から5時30分
   ・講演題目『素材革命が日本を救う技術立国再生への胎動
・講演者 (株)日経BP 日経ビジネス編集 寺山 正一氏
● 懇 親 会  場所:東海大学校友会館(東海の間)
時間:午後5時30分から7時30分
会費:3,000円

なお,ご面倒でも出欠の返事を2月28日までに別紙の用紙(pdf)に記入の上,FAXにて学会事務局へ送付ください。また,ご都合の悪い場合には,代理の方のご出席をお願い申し上げます。


 [2001年度] << >> [2003年度
日本画像学会(top)]  >>  [評議員会]  >>  [過去の評議員会(リスト)]  >> 2002年度