第4回『複写機遺産』発表

複写機遺産サブページ

 

2024年 6月10日

日本画像学会は、今年度の複写機遺産認定事業において下記4件の資料を複写機史上における重要性および、保存継承の必要性を認め、複写機遺産として認定いたしました。[プレスリリース]

 

 

【複写機遺産第11号】
ゼロックス Xerox 1385 (スタンダードゼロックス)

~ 世界初の乾式電子写真複写機

 

印字方式:乾式電子写真方式
製造年:1962年
所在地:神奈川県南足柄市

 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 技術歴史館(塚原研修所内)

 

【複写機遺産第12号】
キヤノン LBP-10

~ 世界初の半導体レーザビームプリンタ

 

印字方式:半導体レーザ+NP電子写真方式
製造年:1979年
所在地:東京都大田区

 キヤノン株式会社

 

【複写機遺産第13号】
リコー リファクス 600S

~ 世界初、全システムをデジタル処理した民生用高速ファクシミリ

 

印字方式:湿式静電記録方式
製造年:1973年
所在地:東京都大田区

 株式会社リコー 本社1F

 
【複写機遺産第14号】
シャープ シャープファックス SF-201

~ 低価格帯で性能と使いやすさを追求した湿式EF複写機

 

印字方式:EF湿式電子写真方式
製造年:1972年
所在地:奈良県大和郡山市

 シャープ株式会社 奈良事業所

 『複写機遺産volumeⅣ』パンフレット(2024.6.10公開)

 

・本複写機遺産認定の経緯と認定機種のご紹介を日本画像学会誌63巻4号(2024年8月発行予定)に掲載いたします。
・本複写機遺産認定証の授与式は6月12日、ICJ2024会場(東京工業大学すずかけ台キャンパス)で行います。